大掃除ではエアコン掃除もお忘れなく! 暖房効率や衛生面に影響します

 

今年も12月に入り、本格的な冬がやってきました。現在、多くのご家庭ではエアコンが大活躍していることでしょう。しかし、エアコンはどうしても電気代が気になるもの。加えて、「なかなか部屋が暖まらない」「嫌な臭いがする」といったトラブルが発生することもあると思われます。そのような時は、エアコンの室内機を掃除するのがおすすめです。


そもそもエアコンは、室内の空気を取り込んで温度調節をした上で再び排出します。この際、空気中を漂うホコリやゴミなども一緒に吸い込んでしまうので、放っておくと室内機の内部はどんどん汚れてしまいます。その結果、冷暖房の効率が落ち、エアコンに負荷がかかるので電気の消費量が増え、出てくる空気も汚れてしまうのです。



そこで、エアコンの機能を維持して快適な空気環境を保つためにも、定期的に室内機の掃除を行いましょう。フィルターや吹き出し口の掃除は2週間に1回、フィルターの丸洗いは1ヶ月に1回程度がおすすめです。特に、年末といえば大掃除の時期。少し寒くても一度エアコンを止め、新年に備えてしっかり室内機を掃除してあげましょう。


さて、早いもので今年も残り1ヶ月となりました。いろいろと大変なことも多かった1年でしたが、無事に年末を迎えられたことをうれしく思います。日本空調メンテナンスでは今後も気を抜かず、最後までしっかりと業務に取り組む所存です。皆様もどうかお体にお気をつけて、良いお年をお迎えください。