現場の仕事はきつい?空調メンテナンスの仕事のつらさとは

 


皆さんこんにちは。

板橋区を拠点に空調機のメンテナンスやクリーニング、配管やダクトの工事など空調全般の工事を手掛けている日本空調メンテナンスです。


空調メンテナンスの仕事に興味があっても、現場の仕事にきついイメージを持たれて躊躇される方もいらっしゃるかと思います。実際に空調の仕事にやりがいがある一方で大変な面があることも事実です。


日本空調メンテナンスでは働きやすい環境を整えることを心がけていますが、仕事を長く続けるためにも、その仕事の大変さを事前に知っていただくことはとても大切なことだと考えています。そこで今回は、空調メンテナンスの仕事のつらさとやりがいについてお話します。




■空調メンテナンスの仕事のつらさ


空調メンテナンスの仕事は、やりがいや楽しさがある一方で、体力や時間の面で大変さがあるのも事実です。では、どのような場面でつらさを感じるのか見てみましょう。



・身体を動かす仕事の大変さ

空調メンテナンスの設備や配管は重いものもあるため、最初は体力的にきつく感じるかもしれません。工具の扱いが身につくまでは、全身が筋肉痛になってつらかったということもよくあります。身体を動かすことに慣れていない人にとっては、毎日体を動かすことに慣れるまでが大変でしょう。


しかし、空調は基本的に屋内にある設備なので、室外機を取り付ける仕事以外、作業のほとんどは室内です。現場仕事といっても、建築や土木など真夏や冬に外で作業しなければならない他の建設現場と比べれば、楽に感じる方も多いようです。



・働く時間や曜日が決まっていない



空調の仕事では、お客さまのためにオフィスや工場が稼働していない時間にメンテナンスをしたり、トラブルが解決するまで修理作業を続けたりすることもあります。シフト制で夜勤もあるので、平日の決まった時間だけ規則的に働きたいという方には向いていないかもしれません。


しかし、働く曜日や時間が固定されていないことで、お出かけの際には土日や込み合う時間帯を避け、ゆっくりと楽しめるメリットもあります。


また日本空調メンテナンスでは、有給休暇やリフレッシュ休暇を取り入れつつ、夜勤の次の日が日勤になるような無理のあるシフトも組まないようにしています。有給消化率も90%と高く、しっかりと働きながらプライベートの時間も大切にできる環境を整えています。



・仕事の種類が多く覚えることも多い



オフィスビルや工場など、設置する場所によって空調設備も異なります。給排気ファンやダクト、配管、フィルターなど空調に関する設備も多く、設置や修理、保守など仕事の内容も多岐に渡ります。最初のうちは覚えることが多いのでつらく感じてしまうかもしれません。




■空調メンテナンスのやりがい



覚えることが多い反面、仕事を続けることで専門的な知識や技術を身につけられます。新しい機器に触れながら空調の仕組みを理解し、空調設備のプロフェッショナルとして成長できることは、大きなやりがいにつながるでしょう。


管理技士や責任者の資格を取得していけば、将来キャリアアップすることも可能です。自分の頑張りや成長が給料に反映されるのは嬉しいですよね。

修理の仕事では、空調のトラブルを解決してお客さまに感謝されることもあります。身につけた技術で人の役に立てることは、空調メンテナンスの魅力のひとつです。


今回は、空調メンテナンスの仕事のつらさについて、あえてお伝えしました。大変な面があることも事実ですが、空調メンテナンスの仕事にはつらさを上回るやりがいや楽しさがあります。


東京都板橋区を拠点に業務用の空調工事全般を手掛ける日本空調メンテナンスでは、資格取得のための支援制度や教育体制を整えるなど労働環境の改善にも力を入れています。技術を身につけて空調のプロフェッショナルとして活躍したい方、人の役に立つ仕事をしたい方は、日本空調メンテナンスで一緒に働いてみませんか。


■詳しくは、当社の求人サイトをご覧下さい■

<求人サイト>

https://nkm-recruit.jp/


<日本空調メンテナンスへの問い合わせ先>

TEL.03-5926-9780

https://nkm-recruit.jp/contact