新鮮で清潔な空気を保つには、給排気設備が必要です!

 


給排気設備とは、新鮮な空気を取り入れる「給気」と、汚れた空気を排出する「排気」を行うための設備です。いわゆる「換気」を行う設備といっていいでしょう。身近なものとしては、キッチンの換気扇が挙げられます。その他、工場や病院、学校、オフィスビルなどにも給排気設備が設置されているのです。


私たちは、十分な酸素を含んだ空気がなければ生きていけません。また、健康的で快適な生活のためには、室内の熱や湿気、臭い、ホコリ(ハウスダスト)などを追い出す必要もあります。さらに、換気が不十分な状態でガスコンロや石油ストーブを使用すると、一酸化炭素中毒を引き起こすこともあるでしょう。



給排気設備は、空気の入れ替えによってこれらの問題を解決する、大切な役割を果たしています。特に、最近の建物は昔に比べて気密性が高くなっているため、給排気設備の重要性もさらに高くなりました。2003年には、シックハウス症候群への対策として、すべての建物に24時間換気システムの設置が義務付けられています。


給排気設備に必要なのは、空気を動かすためのファンです。普段はあまり目がいかない部分かもしれませんが、ファンの汚れにより送風機能が低下すると、給排気の効率低下やエネルギーロスにつながります。機能を保つために、通常は1年~2年に1回は洗浄する必要があるので、専門業者に依頼して定期的にメンテナンスを行いましょう。


今回は、私たち日本空調メンテナンスが手掛ける仕事の一部、給排気設備についてご紹介しました。私たちの生活ではあって当たり前、そしてなくてはならない設備ですね。


東京都板橋区の日本空調メンテナンスでは、空調機のスペシャリストとして業務用空調機、給排気ファン、配管、ダクト、フィルター等のメンテナンスや工事などを行っております。

求人に関するお問い合わせは、下記よりご連絡ください。