室外機にはカバーがあった方がいいって本当? メリットと注意点を紹介

 

エアコンの室外機は、冷房時には熱を取り除いて冷たい風を作り、暖房時には熱を圧縮して暖かい風を作る重要な装置です。この室外機用のオプションとして「室外機カバー」が市販されており、なるべく設置した方がよいとされています。これは何故なのでしょうか。


大きな理由は、カバーがあると室外機を日光から守ることができ、冷房時の節電につながるからです。室外機に直射日光が当たっていたり、地面で反射した日光に照らされたりしていると、室外機の周辺は非常に暑くなります。こうなると、室内の空気熱を外に捨てる効率が悪くなり、余計な電気代がかかってしまいます。


その点、カバーがあれば室外機に日光が当たるのを防ぎ、周囲の温度上昇を抑えられるため節電につながるのです。また、室外機は無骨な外見であることが多いのですが、おしゃれなカバーを設置すれば見栄えもよくなるでしょう。ご自宅のデザインやお庭づくりにこだわっている方には特におすすめです。



ただし注意点もあり、室外機の周りを完全にカバーで囲ってしまうと、熱の逃げ場がなくなりかえって熱交換の効率が悪くなります。そのため、室外機カバーを使用する時は、隙間が大きく熱の逃げ場が確保されているものを選びましょう。少し離れた場所にすだれなどを置いて日陰を作っても効果があるので、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。